☆米国ではIT投資額の半分以上をビジネスアナリシスに投して、日本の倍以上のIT効果を上げています。これから日本でもビジネスアナリストが多数、必要になります。

☆コンサルタント経験がなくとも、若いSEでも、ビジネスアナリシスをできるようにしたのが、エンジニアリング手法で、戦略、ビジネスプロセス、ITを一貫するビジネスアナリシス方法論GUTSY-4です。

☆こうして開発されたGUTSY-4を使って、あなたもビジネスアナリシスしてみませんか。

GUTSY-4®によるビジネスアナリシスの4つの特徴

自分20151103C.png

ビジネスに関して ①戦略をビジネスプロセスに落とし込める、②ビジネスプロセスを目的に応じて階層的に見える化できる、③トップダウンのプロセス改革と現場主導のプロセス改善を融合できる、④プロセス、ルール、組織・人の改革ができる。

ITに関して ①戦略からのビジネス要求をITに反映し、②約6割を占める使われないシステム機能となるIT要求を排除し、③作業系から意思決定系プロセスへとIT利用を拡大し、④プロセス、ルール、組織・人の改革によりIT投資効果を大きく向上できる。

ビジネスアナリシス方法論GUTSY-4は、ビジネスとITの両方に大きな効果を与えます。開発者:渡辺和宣の略歴とGUTSY-4開発への思い

A. ビジネスアナリストの必要性、育成のための研修体系、育成事例

B. 業務スキルは不可欠、業務参照モデルを利用したプロセス記述、スキル養成

C  GUTSY-4を利用してビジネスアナリシスする

GUTSY-4の適用企業は「ファシリテーション」によって納得する解決策やIT要求に導かれ、かつ「段取り8分仕事2分」方法論でコンサル工数は従来の1/2以下で済み、これが2-3年生SEで可能なことです。


ITC-Portal[承り候]ICTMlogo-s.png