情報システム部門が抱える悩み

多くの企業の情報システム部門は、様々な悩みを抱えています。同部門の責任者からは「システム開発のアウトソーシングによる弱体化が心配」、「今後どういった人材育成をしていくべきか迷っている」といった悩みが挙げられます。そして、情報システム部員からは、「今後のITの発展により今持っているスキルは必要なくなるのではないか」「ITの変化に左右されることのないスキルが何なのか分からない」といった不安の声が上がっているでしょう。

今後取り組むべき課題

情報システム部門の在り方の変遷は、米国にその先例があります。⇒米国でビジネスアナリスト誕生の歴史的経緯

米国と日本は違うと見る方も居られると思います。しかしながら、現在の日本企業は、IT投資効果が低すぎるのであり、製造業では米国の約半分しかありません。日本企業はグローバル競争をしている訳であり、情報システム部門がガラパゴスのままで居られる筈はありません。もし、外人持ち株比率の高い企業であれば、なぜ情報システム部門はインド人に任せないのかと指摘されるかも知れません。

情報システム部門の役割を見直した上での人材育成を

情報システム部門に求められる新たな役割として、ビジネスアナリシスがあります。米国のIT投資は、その半分以上の費用がビジネスアナリシスに投入されています。その結果が、日米のIT投資効果の差を生み出しているのです。

そして、外資系企業の日本法人の情報システム部員の多くは、名刺に「ビジネスアナリスト」と肩書が記入されています。⇒IT部門やIT企業にとってビジネスアナリシスは生き残りのカギ(1)

当社では、「ビジネスアナリシス方法論GUTSY-4」を用いて、ビジネスアナリストの人材育成をサポートしております。「ビジネスアナリシス方法論GUTSY-4」は、事業戦略をプロセス階層レベルに沿った5回の構造化によって、ビジネスプロセスとITに落とし込めます。これによって、ビジネスモデル、ビジネスプロセスモデル、ITへの要求モデル、ITシステムという4つのモデルを整合させることができます。

「ビジネスアナリシス方法論GUTSY-4」についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。