企業にとって人材は欠かせない存在ですが、現在では様々な事情により人材育成が滞っている企業が増えています。

情報システム部門における人材育成の問題点

  情報システム部門の業務を行うためには、様々なスキルが要求されます。そのため、従来は優秀なSEを育てることに長期間を要していました。そして、情報システム部門の役割自体が、従来のITシステム開発・運用からビジネスアナリシスへと変化して行きます。さらに、ITシステムの目的が従来の自動化から情報化へと変化して、対象業務領域も大きく変わっていきます。

情報システム部門における人材育成

  こうしたことから、どの企業の情報システム部門でも、人材育成に従来のように長期間を費やせる余裕はなくなりました。たとえば、ジュニアレベルのビジネスアナリスト育成に、CCBA受験資格の5年間をかけられるでしょうか? 

  しかしながら、GUTSY-4によれば、ビジネスアナリスト育成について、長期間を要する教育ではなく、短期間で一定のレベルに達する訓練で行うことができます。⇒事例B③

  なぜならば、ビジネスアナリシスに必要な「ビジネスアナリシスのスキル」はWBSとプラクティスで、「対象業務領域に関するスキル」は業務参照モデルでカバーしています。これは日本のコンサルティング会社が出資した中国企業において、GUTSY-4が高い評価を受けて、導入されたことでも証明されました。⇒事例C

  当社では、主にビジネスアナリストの育成をサポートしております。ビジネスアナリシスのための方法論GUTSY-4による研修、業務参照モデルによる業務知識の習得など、コンテンツと研修を提供しています。情報システム部門の人材育成に力を入れたいとお考えでしたら、ぜひご相談ください。