ここでは、ビジネスアナリストの研修・育成事例を説明します。

  以下の事例は、SEに対するビジネスアナリシスOJTや研修事例です。「教育」で育成するのは長期間を要して非常にコスト高です。GUTSY-4による「訓練」が大変に有効です。元来、SEはビジネスアナリシスやプロセスモデリングに向いているのです。

 

3.3.1 GUTSY-4による超上流【1日体験】オンサイト無料研修 

  SEが未知の業務であっても、若年SEであっても、プロセスフロー記述、プロセス詳細の記述、そしてここからIT要求の引き出しを無料体験できる1日、6時間コースです。開発・保守・運用要員の超上流へのシフトの可能性を大きく拡大できます。現在、募集中

 

3.3.2 東京海上日動システムズ社でのOJT事例

 ⇒若手SEのビジネスアナリストへのOJT(事例B③) OJTですから、ビジネスアナリシスの訓練です。

  SEはビジネスプロセスモデリングできる!・・この証明

 

3.3.3 日本情報サービス産業協会(JISA)での超上流研修

   これは、ビジネスアナリスト(中下流)育成のためのGUTSY-4による訓練です。(育成期間を要する教育ではありません)

 総まとめ 1・2日目3・4日目5・6日目7日目8・9日目10日目 ←その後、6日間に短縮(演習は7つ)

3.3.4 中国iVision社(事例C)

  ビジネスアナリシス方法論GUTSY-4、および業務参照モデルの超概要を、計18時間で研修。

若手SEからは、「私のように経験の浅い人材でも、一人前に客前で話すことを後押ししてくれるツールであることがわかり、非常に興味が湧きました。」との感想。詳細⇒事例C

 

3.3.5  某SI企業への業務知識オンサイト研修

 ユーザ系情報子会社への業務知識研修として、調達・製造分野(中級)を2日間で研修した事例です。

 1. ビジネスプロセスと業務参照モデル
 2. 企業全体の業務と業務用語
 演習1(製造を「抽象化」して捉える)
 演習2(バリューチェーン特性の調査)
 3 概念・業務用語(調達)
 4 業務プロセス機能 (調達)

 5. 概念・業務用語(製造)
 6. 業務プロセス機能 (製造)
 演習3(複数の製造工程を描く、アルミ圧延)
 演習4(プロセス詳細を記述する、アルミ圧延)
 7. 業務参照モデルを利用した事例(調達・製造)インダストリー4.0

    

3.3.6  某SI企業への超上流オンサイト研修

     SI企業への超上流部分として、GUTSY-4のフェーズⅢを3日間で研修した事例です。

 1. 企業の全体業務 
 2. ビジネスプロセスとルール、業務参照モデル
 3. スコープの事業概要と事業構造の把握
 演習(バリューチェーン特性の把握)
 4. GUTSY-4の構造(概要)と【フェーズⅢ】概要
 5. 現状のレベル4プロセスの調査・記述の概要
 演習(現状プロセス図を描く)
 演習(現状プロセスの詳細を調査・記述)
 6. 既存ドキュメントからの事前調査、業務担当者へのインタビュー
 7. 現状のインプット・アウトプトやルールの整理
 8. 現状のプロセス課題の抽出
 9. 新プロセス設計、プロセス設計例
 10.IT要求の種類とIT導入の目的
 11. ビジネスプロセスとIT要求の強い関係
 演習(プロセス構成要素×CobiTでIT要求を引き出す)
 12. IT要求の定義(事例)、IT非機能要求の定義、IT要求の優先順位付け
 13. RFP作成とITソリューション選定、ITベンダー選定

 

3.3.7  Webによる超上流の自己学習(開発中)

  GUTSY-4「超上流」クラウドサービス化--リリース1.0

以上

カテゴリ