ビジネスアナリシス方法論GUTSY-4コンテンツのうちの概要説明について、5年ぶりの改訂を終えました。方法論ExcelのWBS・アクティビティ定義は既に改訂しているものの、自習教材としての概要説明書の改訂は持越しになっていました。

A4の1ページが2,000字という密度で、下記の全体で約200ページ弱というボリュームで、ほぼ、1カ月位の工数がかかってしまいました。

第2章 全体概要と4つのフェーズ超概要

第3章 フェーズⅠ:戦略要素の構造化による業務改革構想

第4章  フェーズⅡ:プロセス上位設計によるプロセス改革企画

第5章 フェーズⅢ:プロセス中位設計によるプロセス改革計画

第6章 フェーズⅣ:プロセス下位設計によるプロセス改革実施とIT導入

主な第1の改訂点は、対象をノウハウのようなビジネスルール、そして顧客プロファイルのような情報エンティティを内蔵する非定型意思決定プロセスに拡張したこと。第2の改訂点は、レベル4からレベル5への分解を「業務イベント分解法」に絞り込んだこと(レベル5プロセスの参照モデルは開発できないため)。これによって、第2章⇒事例A解説⇒第3~6章⇒方法論のWBS・アクティビティ定義と事例というビジネスアナリシスの自習が可能となります。

改訂作業の途中で、使用している120枚の図の気になる箇所、図を修正するとそのNoteの説明も、そして方法論ExcelのWBS・アクティビティの説明、WBSフローなどの修正がどんどん派生してしまいました。むろん、こういう予定外の工数をかけるので、全体がまとまっている訳ですが、作業する私としては辛い(笑)。

これらの改訂作業を反映して、ダウンロードページも改訂しました。上記の第0章の目次や第2章(約50ページ)もここからダウンロードできます。

 

カテゴリ