ビジネスアナリシス方法論GUTSY-4の応用として、「保守要求のレビュー」があります。

1.GUTSY-4による「保守要求のレビュー・開発」

(1) 適応保守

  環境変化へ対応するためであり、ビジネスプロセス(Why)を起因としますので、ビジネスアナリシスによって、有効なIT要求(What)を定義できます。GUTSY-4では、ビジネスプロセスからIT要求を引き出しますので、さらに有効なIT要求を定義できます。 →ITへの要求をどうやって引き出すか、IT要求開発するか

(2)完全化保守

  完全化保守要求は、あの画面にあの項目をとか、あの帳票にあのデータ項目をとか、具体的に手段・Howであるソフトウェア要求仕様として出てきます。したがって、一見、正当に見えますが、ITシステム機能の約64%が全く、あるいはほとんど利用されていないことを鑑みれば、これを検証する必要が大いにあります。

  ビジネスアナリシス方法論GUTSY-4によって、保守要求をリバースエンジニアリングして以下の事が可能になります。

2.さらに優れた保守要求(What)の開発

  保守要求は、◇◇帳票の〇〇項目を・・・・とか手段(How)を先行して来ます。これをIT要求に立ち戻って目的(What)を確認します。そして、更にこれが含まれるレベル4プロセスに立ち戻って、そのためのプロセス改善方法(Why)を検討します。次は、ここかから改善されたWhat、そして改善されたHow、即ち更に優れた保守要求を導くのです。

  たとえば、アウトプットを「メール添付できるように」は、メールという手段(How)です。これをプロセス目的(Why)に立ち戻れば、アウトプット共有のような別のIT要求(What)が出てくるでしょう。What-Whyに立ち戻らずに、Howという手段に飛びつくのは極めて安易であり、ITプロの仕事ではありません。

  プロセス改善方法の検討の際に、業務参照モデルのプロセス機能や⑤D.標準ITシステム機能を参照することで、これら6つのステップを効果的に実施できます。そして、結果として使われない保守要求、無駄な回数を繰り返す保守作業、これらを回避できます。

  一方、企業の情報システム部門の中には、「どうせソフトウェア保守は現業部門に費用を付け替えるのだから、面倒な事はやる必要はない。」と考える方もいるかも知れません。その考え方は、所属する企業の足を引っ張っている事に他なりません。

3.GUTSY-4を適用した「保守要求の開発」の効果

  GUTSY-4をアプリケーション保守に適用する効果は、

  第一に、アプリケーション保守作業では50%のムダを省いて、新規開発に回すことができます

  第二に、さらに優れた保守要求を開発することによって、第三に、無駄な保守作業の排除によってアプリケーションシステムの劣化も防止できます

 

カテゴリ