私が理事長を務めますVCPC(バリューチェーンプロセス協議会)において、2013年11月から、レベル2・レベル3のプロセス参照モデル(プロセス数、約200個)を会員向けコンテンツとして公開を始めました。レベル4に関してはサンプルとして、需要計画、受注、製造、購買受入に関する21個のプロセスを公開。 ⇒VCPCより、レベル3までのプロセス参照モデルを公開!

2014年3月度、これに加えて、ビジネスアナリシス方法論GUTSY-4から、レべル1~5までのプロセス記述に関するWBS・アクティビティを公開しました。

フェーズⅠ ①対象企業の概要を把握するために

                 ・用語集、バリューチェーン特性調査シート、スコープ全体図(レベル1プロセス図)の作成方法

フェーズⅡ ②プロセス参照モデル(レベル2)を利用した現状プロセスの調査・記述

                   ・現状レベル2プロセス図の作成方法

                ③プロセス参照モデル(レベル3)を利用した現状プロセスの調査・記述

                   ・現状レベル3プロセス図<業務シナリオ別><全体図>の作成方法

フェーズⅢ ④プロセス参照モデル(レベル4)を利用した現状プロセスの調査・記述

                   ・現状レベル4プロセス図、・個別プロセス詳細記述書、

                   インプット・アウトプット説明書、業務ルール説明書の作成方法

フェーズⅣ ⑤現状レベル5プロセスの調査・記述

                ・業務イベント分解によるレベル4プロセスの分解、現状レベル5プロセスの調査・記述の技法

これによって、業務参照モデルを仮説として質問していくことで、現状プロセスをもれなく短時間で調査できます。さらに、複数人で分担する場合でも、プロセス粒度を統一できます。

コンテンツ紹介スライド2種類 ⇒ http://vcpc.org/modules/d3downloads/index.php?cid=21
VCPCへの加入  ⇒ http://vcpc.org/modules/pico_5/index.php?content_id=1
コンテンツ詳細と申込み(VCPC会員) ⇒ http://vcpc.org/modules/eguide/event.php?eid=35

 

カテゴリ