GUTSY-4のIT化の4つの狙いについて、GUTSY-4のIT化・クラウドサービス化の狙いにて述べました。まず最初に、超上流分(GUTSY-4のフェーズⅢ)をリリースします。

 

1.リリース1.0の範囲 

  超上流部分として、【310】現状プロセスの調査・記述、およびこれから【350】IT要求の引き出し、この2つを範囲とします。

(1) 現状ビジネスプロセスの調査・記述

 ①プロセス図の位置づけ⇒GUTSY-4超上流IT化(設計)P1の【310-20】の部分

 ②プロセス詳細機能⇒上記IT化概要の【310-21】の部分

  リリース1.0では、あくまで「現状」であり、この「改善」、および前フェーズで定義された「プロセス改革の反映」のIT化は、次期リリースとなります。

(2) IT要求の引出し

 ①質問項目の作成⇒上記IT化概要のp1【350-10a~350-10o】

      プロセス構成要素ごとに検討⇒上記GUTSY-4超上流IT化(設計)P1の【350-10a~350-10o】の部分 

    ②上記①の質問によって引き出したIT要求⇒同上

  時間をかけて経験を蓄積していくしかないと思われた専門的職業の●●士や○○師さえ、その8割はAIで代用できると言われています。従来、ベテランしか担当できないと思われていた超上流部分も、GUTSY-4によって組織的に経験を蓄積していけば、それがAIにおける知識ベースの役割となります。

2.リリース1.0の概要

(1) IT化された各アプリの構造(共通)

  各アプリ(WBS配下のアクティビティまたはその詳細のタスク)は下記の共通構造を取ります。

  kintone画面の下記のキーワードは、下記のように色分けされています。

   ・WBSの位置づけ、アクティビティの位置づけと概要タスクの位置づけ(タスクの場合だけ)

   ・アクティビティまたはタスクへのインプット

   ・ここで利用する技法・ツール・事例等

   ・アウトプットの作成方法

   ・アウトプットのレビュー

(2)【310】現状ビジネスプロセスの調査・記述

  プロセス参照モデルを仮説として、業務担当者に質問・インタビューして、調査・記述します。したがって、入社2-3年SEでも十分に可能です。

  ①【310-20】業務担当者へのインタビュー(プロセス図)⇒GUTSY-4超上流IT化(設計)P6

    ②【310-21】業務担当者へのインタビュー(プロセス詳細機能)⇒GUTSY-4超上流IT化(設計)P7

(3)【350】IT要求の引き出し(定型業務)

  各定型的ビジネスプロセスについて、上記(2)でのプロセス構成要素ごとの記述を基にして、CobiTの情報要請基準の観点から、IT要求の引き出し質問を作成・準備し、そして、実際に質問します。したがって、この超上流といわれる領域も、若年SEでも十分に可能になります。

  IT要求の引き出し質問作成の技法

  ・IT要求の引き出し質問としての共通説明で、必要な知識の概説と詳細説明へのリンク(全共通)

  ・プロセス構成要素ごとの説明

   --当該プロセス構成要素におけるIT要求の発生の観点、必要な説明へのリンク

   --マトリクス区分(当該プロセス構成要素 × 7つのCobiT情報要請基準ごとに

    ①このマトリクス区分の説明

    ②この区分におけるIT要求の質問作成の観点

    ③この区分のIT要求質問例 ←ここにGUTSY-4利用組織のナレッジを蓄積していく

                  事例Aでは、こうした仕組みでETO品売上が同一人員で8倍に!

  これによって、当該プロセス構成要素の記述を基にして、上記の3つを参考にして、IT要求の引き出し質問を作成できます。⇒GUTSY-4超上流IT化(設計)P5    

  ①【350-10a】IT要求の質問作成の前準備

  ②【350-10b~10o】IT要求の質問の事前作成

    ③②の質問によって、相手からIT要求を引き出す 

 

3.PRサイトのご案内 

  PRサイト(無料)には既に上記①~③例が登録済みであり、これを参照してIT要求の引き出し技法を概観できます。 

        アプリケーションはサイボウズ社の汎用サービスkintoneで開発しました。

      現在、限定ユーザに公開中であり、その後、一般募集しますので暫くお待ちください。

===========================================================================  

       次期リリースでは、IT要求の引き出し質問の作成を実体験できるようにします。

 ④【350-10b~10o】引き出したIT要求を追加入力   

 ⑤【350-10z】引き出したIT要求の集約・まとめ