1.今までのGUTSY-4のオンサイトセミナー

  今まで実施した、GUTSY-4のオンサイトセミナーでは、ビジネスアナリシスの未経験の入社1-3年生にも、業務知識も全くない「見積作成プロセス」に取り組んでもらっています。この時点でのGUTSY-4はExcelベースでの演習であっても、実施後のアンケートでは

 (1)入社1-3年生でも3/4は、「プロセスフローや個別プロセス詳細を記述」できる

   (2)入社1-3年生でも1/2は、「プロセス詳細記述からIT要求を引き出す質問を作成」できる

 

2.クラウドサービス化への取り組み  

  今回、「プロセス詳細記述」や「IT要求を引き出す質問の作成」という重要部分のクラウドサービス化のために、サイボウズ社のkintoneでアプリケーションを開発しました。

  PowerPointやExcelベースでの技法を口頭で説明した上記に比べて、クラウドサービスによるIT画面上に展開した技法では、さらに以下のようなメリットがあります。

該当WBS・アクティビティの説明を丁寧に記述でき、必要な関連知識をWebリンクで参照できる (最小限の研修だけで済む)

  たとえば、IT要求の引き出しの各々の切り口について、「基本的な考え方」、「質問の観点」、「一般的な質問例」、この3つを参考に、IT要求の引き出し質問を作成します。

  (注)オンサイトセミナーにおける技法では、Excelのセルの大きさの限界のため、各2-3行の簡単な説明があるだけ

  製造業でETO品の売上を8倍にした事例Aがありますが、上記はこの事例のIT企業版です(IT要求では切り口がかなり多いですが)。

②上記アクティビティをさらに詳細にしたIT化タスクでは、この実施を正確にもれなくガイドできる

  たとえば、ラジオボタンでの選択とかの操作が可能になりました。

③今に実施すべき部分以外は折りたたむことで、全体がコンパクトに見える

  以前は全体が見えた(見え過ぎた)ため、実際には全部は実施しないものの、複雑に感じてしまう心理的な欠点がありました。

④GUTSY-4に組み込まれた一般的な質問例に対して、自社で経験した業界・業種の特殊例をフィードバックして追加できる

  こうしたGUTY-4のIT化によって、上記アンケート結果の「できる」という比率はさらに向上するでしょう。GUTSY-4が目指した「ビジネスアナリシスを若手SEでも実施できるようエンジニアリングする」、この目標はほぼ達成できました。

3.IT企業の組織編制への影響

  今や、AIが今までの専門的職業の8割を代替できるといわれてる時代です。しかし、多くのIT企業は、SE部隊を業界・業種別に組織編成しており、それそれの特殊性を実務経験で習得させようという訳です。

  GUTSY-4をベースに上記④によって、自社のSEが経験したナレッジを組織的にフィードバック・蓄積・再利用することで、この非効率な業界・業種別の人員配置を機動的な編成に変えることができます

 

2/8より、先ずは対象顧客を限定して無料提供を開始しました。次は、一般募集します。