GUTSY-4の方法論に関する補足説明のコーナーです。

       ビジネスアナリシス方法論GUTSY-4の4つのフェーズが、各々、IT投資のプロジェクトライフサイクルに沿っていることは、既に説明しました。⇒GUTSY-4の4つのフェーズ全体概要

       プロジェクトライフサイクルは、リスクを減少させて、投資対効果を高める方法です。

  ここでは、定型的な業務を対象とするITシステム導入中心のフェーズⅣ 導入フェーズの概要を説明します。

  フェーズⅣの主なインプットは、レベル4プロセス(現状、IT要求定義後)、業務ルール説明書、インプット・アウトプット説明書、レベル5設計方針など。

  アウトプットは、レベル5プロセス(現状、設計後)、業務ルール、定型業務向けのITシステムなど。

  レベル5プロセス(設計後)はBABOKでいうソリューション要求(非IT)に、ベースライン要求やイテレーションN要求はBABOKでいうソリューション要求(IT)に該当します。 

 M400-002A.jpg

定型的業務の場合のフェーズⅣの主要WBS

1.業務ルール定義:業務ルール説明書をもとに業務ルールを定義。
2.情報エンティティ定義:インプット・アウトプット説明書をもとに情報エンティティ定義。

3.現状レベル5プロセスの調査・記述:必要な範囲で、現状のレベル5プロセスを調査・記述する。要素成果物は、レベル4と同様。
4. レベル5プロセス4設計:レベル4設計内容を現状レベル5プロセス上に構造化して、新レベル5プロセスを設計する。
5. ITシステムの開発:優先順位付けされたレベル4要求をレベル5要求に構造化して、インクリメンタルに開発
①ベースライン要求定義:新レベル5プロセス上に、レベル4要求をレベル5に構造化して、ベースライン要求を定義する。
②ベースライン要求仕様定義:選定ITソリューションごとのシステム分析を実施。
③ベースライン開発・テスト:ベースラインに関するITシステムの開発・テスト。
④イテレーションNの要求定義:イテレーションNでの①と同様。
⑤イテレーションNの要求仕様定義:イテレーションNでの②と同様。
⑥イテレーションNの開発・テスト:イテレーションNでの③と同様。
6.その他ITシステムの開発(インタフェースシステム、関連システムなど)

7.非ITシステムの準備

①業務運用設計、②マスタ・データ移行、③新業務のユーザ教育、④業務移行
8.新業務システムのテスト:統合テスト、システムテスト、運用テスト。

 

カテゴリ