GUTSY-4の方法論に関する補足説明のコーナーです。

  ビジネスアナリシス方法論GUTSY-4の4つのフェーズが、各々、IT投資のプロジェクトライフサイクルに沿っていることは、既に説明しました。⇒GUTSY-4の4つのフェーズ全体概要

       プロジェクトライフサイクルは、リスクを減少させて、投資対効果を高める方法です。

  ここでは、フェーズⅡ企画フェーズの概要を説明します。

  フェーズⅡの主なインプットは、業務改革要求(レベル2)すなわちBABOKでいうビジネス要求、プロセス改革構想書、プロジェクト計画書。

  アウトプットは、プロセス改革要求(レベル3)、レベル3プロセス(現状、設計後)、プロセス改革企画書、プログラム計画書、プロジェクト計画書など。

  プロセス改革要求は、BABOKでいうステークホルダ要求に該当します。

  ここは、企画フェーズなので、アウトプットのプロセス階層レベル3までに留めて、概算見積精度で効果と費用を見積もって、IT投資プロジェクトの成功率を高めます。これをレベル4以下に詳細にするのは次のフェーズⅢで行うことになります。

M200-002.jpg

 

フェーズⅡの主要WBS

1. レベル2プロセス分析:業務要求と業務課題について、そのCSFや根本原因を特定して、レビューする。システム思考すべき最も重要なWBSである。

2. レベル2プロセス設計:特定されたCSFや根本原因の解決策として業務改革実現要求(レベル2)を設計し、これを集約した業務改革実現モデルを定義。

3. レベル3プロセス分析:業務改革実現要求を該当するレベル3プロセスに要素分解し、レベル3業務課題を追加的に抽出する。

4. レベル3プロセス設計:レベル3プロセス上にマッピングされた業務課題の解決策として、プロセス改革区分別にプロセス改革要求(レベル3)を設計、これを集約したプロセス改革モデルを定義。

5. プロセス改革ロードマップの作成

6. 概算レベルでの効果と費用の算出:レベル3まで設計するので、PMBOKでいう概算見積精度となる。

7. プロセス改革企画書やIT企画書の取りまとめ:フェーズⅡのアウトプットを取りまとめ、承認を取得する。

8. プログラム計画書やプロジェクト計画書の作成

 

カテゴリ