GUTSY-4の方法論に関する補足説明のコーナーです。

  ビジネスアナリシス方法論GUTSY-4の4つのフェーズが、各々、IT投資のプロジェクトライフサイクルに沿っていることは、既に説明しました。⇒GUTSY-4の4つのフェーズ全体概要

       プロジェクトライフサイクルは、リスクを減少させて、投資対効果を高める方法です。

  ここでは、いわゆる超上流と呼ばれるフェーズⅢの計画フェーズの概要を説明します

  フェーズⅢの主なインプットは、プロセス改革要求(レベル3)すなわちBABOKでいうステークホルダ要求、プロセス改革企画書、プロジェクト計画書。

  アウトプットは、レベル4プロセス(現状、設計後)、概要レベルIT要求、プロジェクト詳細計画書など。

  レベル4プロセス(設計後)はBABOKでいうソリューション要求(非IT)に、概要レベルIT要求はBABOKでいうソリューション要求(IT)に該当します。

  ここは、計画フェーズなので、アウトプットをプロセス階層レベル4までに留め詳細見積精度で費用を見積って、IT投資プロジェクトの成功率を高めます。レベル5以下に詳細化するのは、次のフェーズⅣで行います。

M300-002.jpg 

フェーズⅢの主要WBS

1. 現状レベル4プロセスの調査・記述:業務参照モデルを利用しながら、現状のレベル4プロセスを調査・記述する。要素成果物は、プロセスフロー、プロセス詳細記述書、インプット・アウトプット説明書、業務ルール説明書など。

2. 現状レベル4プロセス課題の抽出:レベル4に位置するプロセス課題を抽出する。

3. プロセス改革要求(詳細)の構造化:フェーズⅡで定義されたプロセス改革要求(含むITビジネス要求)を該当するレベル4プロセスとそのプロセス構成要素に構造化する。当フェーズから開始する場合には、ここは省略します。

4. レベル4プロセス設計:レベル4プロセス課題の解決、プロセス改革要求(詳細)の構造化の実現から新レベル4プロセスを設計する。要素成果物は上記1と同様。

5. オプション:複数部門でのプロセス簡素化・標準化、プロセス上のリスクコントロール(再)設計、共通ビジネスサービス化など、必要があれば追加的に実施する。

6. 概要レベル4IT要求定義:定型業務に関して、新レベル4プロセスからITへのユーザ要求を引き出して、機能要求と非機能要求を定義する。そして、優先順位付けを行う。

7. レベル5プロセス設計方針の決定:レベル5設計(プロセス以外のルール等)の設計方針、および非定型業務に関するIT要求を定義する。

8. RFP作成とITソリューション選定:上記6と7の要求からRFPを作成し、適切なITソリューションを選定する。

9. プロジェクト詳細計画書の作成:次フェーズのプロジェクト詳細計画書を作成。PMBOKでいう詳細見積精度で費用を算出。

 

カテゴリ