渡辺和宣 略歴

1948年生まれ。SI企業にてSAPコンサルティング部門を立ち上げ、経営企画部門に異動、自社へのSiebel/SAP導入の完了後、2001年4月独立。当初はユーザ企業側のPMOとしてERP選定や導入を支援。

2005年より、サプライチェーンマネジメント(SCM)やビジネスプロセスマネジメント(BPM)にシフトし、事業戦略からビジネスプロセスを通してITに落し込むためのビジネスアナリシス方法論GUTSY-4とプロセス参照モデル、これを約10年間をかけて開発。製造業を中心に、SCM改革構想、IT戦略の策定、SCM診断、ハイレベル業務分析、プロセス「見える化」、プロセス標準化、IT要求開発、IT要求レビューなどをコンサルティング。

さらに、情報システム部門やユーザ系情報子会社を中心としてビジネスアナリストや超上流などの人材育成を支援。

20151101.jpg著書:SAP革命、SAP R/3ハンドブック他、共著が10冊以上。現在は著作を辞めています。理由は、本を書いても、それだけでは世の中が変わらないから。

 

㈱プロセスデザインエンジニアリング代表   

元サプライチェーンカウンシル日本支部チェアマン 現バリューチェーンプロセス協議会(VCPC)理事長 

IIBA日本支部理事 ICT経営パートナーズ協会理事

ITコーディネータ、中小企業診断士、元公認システム監査人(資格未更新)、元PMP(資格未更新)、元販売士一級(資格未更新)

 

GUTSY-4開発への思い

2006年始め、中国清華大学系企業から受託したERPパッケージ評価の最終報告に北京を訪ねました。3日間の報告会には、中国共産党の幹部も出席して、大変な熱意を感じました(毎夜の宴会の超高アルコール度数の乾杯がしんどかった)。そこで、そのパッケージ自体が自動生成で開発されていることを知りました。

中国の国策で開発した膨大なミドルウェアを前提とした自動生成ツールであり、当時の自動生成率は75%でしたが、これは直ぐに90%以上にはなるだろうと直観。これが日本に押し寄せてきた時に、日本の100万人弱のIT技術者はどう生きていけばいいのか。

もちろん、システム開発の上流に行くしかありません。したがって、SEが使いこなせるエンジニアリング化されたビジネスアナリシス方法論を開発しようと決意したのが発端。経済産業省やIPAが取り組むべき重大テーマなのに、なぜ、一介のベンチャー企業の私が? とは考えずに。殆どの私財をつぎ込んで、本当に馬鹿ですねぇ。団塊世代の同級生は皆、旅行だとかリタイアを楽しんでいるのに。

それから約10年、日経コンピュータ誌でも自動生成ツールが大々的に取り上げられるようになりましたが、日本の変化は遅々たるもの。ガラパゴス日本特有の多重下請け構造で中間搾取できる大手SI企業の存在がネック。グローバル競争時代にこんな変則的な状況が続く訳はありません。もし続けば、その時は日本沈没。