某メーカーの情報子会社において、業務知識研修「調達・製造分野」中級コースを2日間で実施しました。「受注・出荷・返品」「商品企画・設計・開発」「マーケティング・人的販売・顧客サービス」コースに先立っての実施です。

  対象者は、ビジネスアナリスト、超上流SE、上流SEです。初級コースはITプロセスだけが対象ですが、中級コースの特長

 ① IT以外の人間系プロセスを含む業務知識であること

 ② 企業全体の業務の中での「調達・製造」業務の位置付けを正確に理解できること

2日間の研修プログラム

1. ビジネスプロセスと業務参照モデル
2. 企業全体の業務
3. 概念・業務用語(調達)
4. 業務プロセス機能 (調達)
5. 概念・業務用語(製造)
6. 業務プロセス機能 (製造)
7. 業務参照モデルを利用した事例(調達・製造)インダストリー4.0

  研修は以上の座学に加えて4つの演習を交えた、GUTSY-4に内蔵した業務参照モデルから抜粋したコンテンツによるものです。

  通常の業務知識研修は業務概念や用語が羅列されるので、受講後しばらく経つとほとんど忘れてしまいます。しかしながら、本研修では「調達・製造」に関するビジネスプロセスを中心とした約120ページのコンテンツを配布しますので、実際に業務知識が必要とされる時にこのコンテンツを取り出して思い出せることが大きな特長です。

  また、研修の主管部門には「業務参照モデル」を購入して頂きましたので、更に詳細が必要な折にはこの全てのプロセス定義や業務ルールなどを閲覧することができます(約1,500ページ)。

  研修プログラム概要⇒事例:業務知識研修 調達・製造分野_中級コース概要.pdf