ビジネスアナリシス方法論GUTSY-4のフェーズⅤがようやく完成。しかし、v01版というところで、下記フェーズと同じで、使いながらupdateして行きます。

フェーズⅠ:プロセス改革構想フェーズ (戦略策定と業務改革の定義、ITシステム構想)

フェーズⅡ:プロセス改革企画フェーズ (プロセス改革の定義、ITシステム企画)

フェーズⅢ:プロセス改革計画フェーズ (プロセス改善の定義、ITシステム計画)

フェーズⅣ:プロセス改革実施とIT導入フェーズ (プロセス実行の定義、ITシステム導入・構築)

      定型的業務 非定型的業務

これらによって、事業戦略を受けた業務システムを構築する訳です。従来のITの考えだと、下記の②しかなく、大幅に不足です。

①プロセス系(プロセス図、プロセス詳細記述書、用語集、情報エンティティ定義書、業務ルール定義書、プロセス支援IT)

②ITシステム系(IT要求、ソフトウェア要求仕様書・設計書、ITシステム、マスタ・データ)
③組織・要員系(教育を受けたユーザ自身、業務運用マニュアル、運用支援体制)

ITシステムは、2種類が必要です。②は従来のプロセス結果を管理するITシステムです。会計につながることを意識した従来は基幹系システムと呼ばれる「守りのIT」。

①では、プロセスの過程や中間成果物作成を共有・支援するITシステム、いわゆる「攻めのIT」。マーケティング、人的販売、製品の設計・開発、顧客サービスなどでは極めて重要。

フェーズⅤ:業務システムの運用・活用フェーズ ←これを今回、開発しました。というか、開発し忘れていました。

ここには、立ち上がりの不慣れな初期運用、新しい業務システムを活用して実際に成果を上げる通常運用、これらの運用支援、ITを含む業務システムの保守、事業戦略などで目標にした業務パフォーマンスの取得・評価などのWBSがあります。