講演・セミナーに関する紹介コーナーです。

  最近、弊社ホームページは、1日に約350件前後のアクセスを頂いております。2020年へのIT業界の生き残りのため、皆様方のビジネスアナリシスへの関心の高さがヒシヒシと伝わってきます。引き続き、ビジネスアナリシス方法論GUTSY-4の紹介セミナーを開催します。

  出席者の方から「興味のある点、お困りの事」を事前に頂いて、当日それをGUTSY-4がどう解決できるかについてお話しします。

開催日  2017年5月18日(木) 13:15-17:00  

主な内容】 なぜ、ビジネスアナリシスや源流・超上流が必要になるのか

IT部門やIT企業が変革・改革するために、要求開発や業務知識などの人材育成をどう進めればいいのか                   

1. GUTSY-4とは、方法論の概要業務参照モデルの概要

2. GUTSY-4適用事例の紹介(インダストリー4.0を含めて)

 なぜOJT育成でなく、入社2-4年生が「ビジネスアナリシス、要求の引き出し」できるのか 事例B 事例C

3. GUTSY-4による人材育成で、IT部門やIT企業はどう変われるのか、特に「攻めのIT投資

4. 業務もビジネスアナリシスも未経験SEが、「プロセス記述・改善、そしてIT要求を引き出す質問をどう作るか」(クラウドサービスとして提供中

質疑応答

場所  JR大井町駅そば MICAN(品川区大井1丁目6ー3アゴラ大井町3階)

受講料 3千円(資料代)  当日、ご持参ください。領収書をお渡しします

【定員】  先着10名

【申込方法】 下記の項目をご記入、info@process-design-eng.comまで、メール下さい。

      氏名、所属組織、部署、役職、TEL番号、e-mail、

      本セミナーを知った媒体(検索の場合はキーワード)、興味のある点とその背景

過去の参加者からの感想】 

■ERP導入済み企業の情報システム部門の方から

未知のERP導入プロジェクトにおいて、ユーザ部門からの要求をERP導入ベンダーへ取り次ぐだけの存在になってしまった。特に、個別開発とは違って、ユーザ部門の業務自体への理解が相当に薄くなった。業務参照モデルを利用して、ブラックBOXになってしまったユーザ業務の理解を取り戻したい。

■自社の再構築プロジェクトを控える方から

・業務参照モデルだけでなく、様々な知識・スキルの体系であることが理解できました
・短期間での人材育成(開発、ユーザ要求分析)
・自社方法論として再構築プロジェクト案件に適用できる

■GUTSY-4ビジネスアナリシスは、自社のビジネス拡大に非常に有用だと確信した。社内を説得するため、まず、自分自身でGUTSY-4詳細を理解しようと、「個人利用」のGUTSY-4ライセンスを申し込んだ。

■GUTSY-4のエッセンスを興味深く拝聴致しました。ご説明いただいた内容や、いただいた資料をよく読むだけでも、個人的には整理にとても役立っております。考え方を裏打ちするグッズ(ファシリティー:技法・ツール群)が真摯にくまなく準備されており、感銘致しました。

業務分析やシステム化に取り組む際の心構えを見直す良い契機になりました。また今後において一定以上の成功、成果を求められる場合、「GUTSY-4」は必要不可欠な要素だとも感じました。

GUTSY-4は、スピーディな現状調査だけでなく、若手SEでも即戦力となることができる、顧客の利益を第一に考えた素晴らしい手法であると感じました。自分の担当部門のSEに体験させるべく、早速、「GUTSY-4による超上流【1日体験】オンサイト無料研修<限定>」をし込みました。

■人材キャリアコンサルタントの方から、「多くのIT技術者が将来に不安を持ち悩んでいる中で、GUTSY-4は最上流のコンサルタントを目指す際の学修手段となる。」

■都銀の第3次オンラインにユーザ側の立場で参加したという方から、「自分が実戦的に経験し頭の中でもやもやと纏まらずにいた事を理論的に体系化しておられることに触れ、心底から感激しました」と大変に光栄な感想を頂きました。(GUTSY-4の業務参照モデルが銀行業務をカバーしていないのにです)

■2回出席された方から・・・・確かにセミナーでは60%ほど内容はかぶっていますが、私自身にとっては活動中でもあり参考になる点、前回は無意識だったものが意識をしてお話を聞かせていただいた部分もあり参考になりました。

 

カテゴリ