講演・セミナーに関する紹介コーナーです。

6/18に下記のセミナーを実施しましたが、かなりの好評でした。

GUTSY-4によるビジネスアナリシス ⇒Xupperによる成果物のリポジトリ登録 ⇒GeneXusによるリポジトリからの自動生成、という全体の流れです。

5-6人以上の参加者から活発な質問が出ました。そして、アンケート回収率は100%であり、「新しいシステム開発の流れ」の提案だという好評価がありました。

・ビジネスアナリシスによる戦略をビジネスプロセスに落と込む

今までIT利用から無視されていた非定型の意思決定プロセスを参照モデルで再設計、BPMSでIT化

・BPMSで業務定義(フロー、プロセス記述、ルール、情報、用語定義の「見える化」)

・BPMS、SAP等の基幹システム、GeneXus等の部門システム、これらの自律分散システムをWeb連携させて統合システムを実現(説明図) 

ほとんどのベンダー単独のセミナーは、ユーザ企業をロックインするためのもので、今回のような複数ベンダーの組み合わせではご紹介できないでしょう。

ビジネスイノベーションセミナー (無料)

日時 2015年6月18日(木)13:30~17:30 (受付 13:00~)
会場 JBCC株式会社 蒲田事業所

主催 JBCC株式会社
協賛 株式会社プロセスデザインエンジニアリング、株式会社シー・エス・イー

1.「超々上流・超上流におけるメソドロジーGUTSY-4の有効性」・・・・私が講演します。この後、

2.XupperⅡを利用した超々上流・超上流・上流工程の変革

3.GUTSY-4の成果物をXupperⅡに搭載したデモ

4.XupperⅡと連携したGeneXusによる下流工程の変革

5.「システム刷新に伴うデータ移行イノベーション」  

これによって、ビジネスアナリシス(超々上流・超上流)を経て、戦略を反映したシステム分析(上流)、そして超高速開発(下流)へと、スムーズにつながることになります。

すなわち、ビジネスアナリシスによって、米国のようにIT投資効果が高くなります(日本の2倍)。

そして、もしGeneXusのパラーメータ自体をリポジトリから自動作成できれば、開発生産性はGeneXus通常の2倍どころではなく、5倍位に向上する可能性があります。是非、ご参加ください。

⇒ ビジネスイノベーションセミナー 2015年6月18日(木)

 

 

 

カテゴリ